入手が最初の参入障壁となるハーディーガーディーですが、最近はインターネットの発達もあって割と容易に入手できるようになった気がします。ぱっと思いつく入手経路を列挙してみますと以下のようなものが挙げられます。

・通販
通販サイトが扱っているケースのほかに、製作家がネットで直接販売しているケースもあります。

・ネットオークション
eBayヤフオクその他。製作家が直接出品しているケースもあります。

・中古品
知人のつてで流れてきたり、楽器屋にごく稀に置いてあったりするケースです。運次第。

・注文制作
製作家に連絡をとって注文する。ネットで窓口を開いている人が多くなってきたので、注文しやすくなりました。

・海外での購入
フェスを訪ねる、楽器を習うなど、実物のある環境に行って購入する。

・自作
自作を試みる人も一定数います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA