鍵盤でメロディ弦を押さえることによって音の高さを変えて演奏します。押し上げることにより弦に触れ、指を離すと自重でもとに戻ります。

ダイアトニックの楽器もありますが、Vielleはクロマティック鍵盤で音域は2オクターブ前後です。最近のものにはもっと音域が拡大しているものもあるかもしれません。私は1オクターブ半くらいしか使っていません。

半音刻みの鍵盤が2段をなして付いています。調弦によって音名は変わりますが、開放弦をソとすると、下の段がソラシドレミファソ…という音階になり(いわゆる白鍵の役割)、上の段がそれ以外の音(黒鍵に相当)となります。


ここの図がわかりやすい。キーボックスを後ろ(鍵盤と反対側)から見た図となります。
Hurdy Gurdy Tunings

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA