Category Archives: ハーディガーディとは

                               

弦のホイールと接する部分には緩衝材として綿を巻きつけ松脂で固着させます。綿の量や均一性によっておどろくほど音と弾きやすさが変わります。

ここの紹介どおり私はTexere Yarnsで入手しましたが、現在はなくなっているようです。これが似た感じかもしれません。

巻きつけ方としては、綿を平たくして弦をくるんでからホイールで圧着させる方法と、細長い綿をホイールと弦の間に差し込み斜めに巻き込んでいく方法とが確認されています。私は後者よりです。

                               

鍵盤でメロディ弦を押さえることによって音の高さを変えて演奏します。押し上げることにより弦に触れ、指を離すと自重でもとに戻ります。

ダイアトニックの楽器もありますが、Vielleはクロマティック鍵盤で音域は2オクターブ前後です。最近のものにはもっと音域が拡大しているものもあるかもしれません。私は1オクターブ半くらいしか使っていません。

半音刻みの鍵盤が2段をなして付いています。調弦によって音名は変わりますが、開放弦をソとすると、下の段がソラシドレミファソ…という音階になり(いわゆる白鍵の役割)、上の段がそれ以外の音(黒鍵に相当)となります。


ここの図がわかりやすい。キーボックスを後ろ(鍵盤と反対側)から見た図となります。
Hurdy Gurdy Tunings

                               

うなり駒の付いたがあります。足元が浮くようになっており、速くホイールを回すとジリジリとしたうなり音が出ます。演奏中に瞬間的にハンドルの把手を握った拳の中で叩くことで、パーカッシブにリズム音を出すことができます。Coup de Poignet 略してクゥと呼ばれる、Vielleを代表する特徴的な演奏テクニックです。

うなり駒はその形状から犬 Chien と呼ばれます。

                               

Trompette には横向きに引っ張る引き紐 Tirant が付いており、糸巻きで張力を変えることにより、うなり音の出やすさを調整します。

写真のものは歯車内蔵のペグですが、バイオリンのようなテーパだけの小さいペグのものも多く、微妙な調整に難儀することもあります。

                               

ホイールが擦って音を出す弦には大別して3種類があります。各弦は、ホイールに接する/しないを切り替えられるようになっています。常にすべての弦が演奏されるわけではなく、調や曲想により使用する弦の組み合わせを選択できます。

・メロディ弦 chanterelle
鍵盤が付いており旋律を奏でる主要な弦です。2本をユニゾンもしくはオクターブに調弦して同時に弾くことが多いです。モダンな機種ですと、弦の数が増えて調によって切り替えたりします。

・ドローン弦 mouche/ bourdon
鍵盤が付いておらず一定の持続音を出し続けます。bourdonは低音、moucheは中音域を担当しますが、moucheを使用しないスタイルも多いようです。

・トロンペット trompette
ドローン弦の一種ですが、うなり駒(Chien)が付いており特徴的なリズム音を出すことができます。

その他に、金属製の共鳴弦が付属している機種もあります。

                               

テーパのかかった大きな木ペグのものが古くからの形状ですが、歯車式のメカニカルヘッドを使った楽器も多く見られます。弦の数により配置はまちまちです。

                               

弓奏楽器の弓に塗るのと同様に、ホイールの縁に松脂を塗ります。バイオリンやチェロ用の一般的な松脂を使っています。また、弦に綿を付着させるのにも使用します。

アルコールやアセトンに松脂の粉末を溶かした液状のliquid rosinを使う人もいます。

                               

ハンドルを右手でつかみ、前方向に回転させることでホイールを回して音を出します。楽器の種類によっては固定されているものもありますが、Vielleの場合はネジ式で容易に着脱できます。

手持ちの2台では製作家は異なりますがネジのサイズは合っており交換可能でした。ハンドルだけ販売しているのも見かけましたので、互換性をもったサイズである程度は流通していそうです。ただ、製作家によってはネジ規格が異なったりして合わない場合もあるようです。

把手の大きさや形状、クランクの長さによって弾きやすさに影響があるので、取り替えてみるのも面白いかもしれません。



                               

弦をこする弓の役目をする円盤です。縁に松脂を塗ります。サイズの大小によってボウイングの速さが変わるため演奏スタイルに影響します。伝統的には木製ですが、モダンなものですと合成樹脂製や穴の開いたものも見かけます。

                               

残響音を得るためにボディ上に数本の金属弦が張ってある機種があります。直接は演奏しません。(特殊効果としてかき鳴らしたりすることはあります)
私は共鳴弦付きの楽器を使用したことがないため、具体的なことはあまり知りません。

こんなの

                               

英語で Hurdy Gurdy と称されるこの楽器ですが、各言語、地域によって様々な呼び名があります。例えば一口に横笛と言っても様々な種類があるのと同様に、ホイールを回し鍵盤で操作するこの形状の楽器も各地ごとに種々のスタイルがあったのだろうと想像しています。その意味では、総称的な Wheel Fiddle とでもいうべき集合の中に、Zanfona, Vielle, Tekero, Lira などの各種楽器が存在したということになるのでしょうが、現在ハーディガーディと呼ばれ広く演奏されているのはフランスの Vielle à Roue をもとにしたものです。

当サイトでもこのタイプを「標準的な」ハーディガーディとして扱い、Hurdy Gurdy ハーディガーディもしくは Vielle と呼びますが、ハーディガーディという呼称を、円盤が弦を擦る楽器の総称として用いることもあります。

                               

ハーディガーディ[Hurdy Gurdy]は、ハンドルを回すことにより円板の縁で弦をこすって音を出す擦弦楽器の一種です。鍵盤により弦を押さえることで音階が出せます。

鍵盤の付いていない弦も複数あり、途切れることなく一定の音程で鳴り続けます。この持続音(ドローン)が1つの特徴です。発音原理は全く異なりますが、バグパイプと類似した音構成システムとも言えます。

ハーディガーディに属する楽器は、ヨーロッパ各地に様々なスタイルで存在していました。現在、盛んに演奏されているのは、フランスのVielle à RoueをやハンガリーのTekeroを継承したタイプです。うなり駒に乗った弦を持ち、ハンドルの回し方によってパーカッシブな効果を出すことができます。これがまた1つの特徴となっています。

ハーディーガーディー各部の名称

参考サイト