キーは、押し込むというよりもタイプする感じでやるとよさそう。

指先だけではなく、笛なんかと同様に指の腹を使う感じ。