フランスで毎年開催されるトラッド音楽のフェス le Son Continu に行ってきました。楽器製作家によるブースが多数見られるのもこのイベントの特色です。

ハーディガーディ製作者も数多く出展しており、色々と試奏もさせていただきました。

ビオラ弦を使用しチャンター1本で重厚な音を奏でるようなエレアコ対応のモダンな機体、というのが今風の主流のようにみえました。また、ソリッドボディのエレキ楽器も複数の製作家が出していました。流行りなのかなと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA