Category Archives: 雑貨

                               

弓奏楽器の弓に塗るのと同様に、ホイールの縁に松脂を塗ります。バイオリンやチェロ用の一般的な松脂を使っています。また、弦に綿を付着させるのにも使用します。

アルコールやアセトンに松脂の粉末を溶かした液状のliquid rosinを使う人もいます。
→ アセトンを溶剤とするのは要注意、とのご指摘をいただきました。[liquid rosin] もご覧ください。

                               

ホイール松脂を塗布しますが、固形の松脂以外にアルコールなどの溶剤に松脂を溶かした液状の liquid rosin が使用されることもあります。

瓶での持ち運び、布による塗布、塗ってから少し時間が必要、といった点がありますので、私は普段は持ち運びの簡便さや演奏中の塗り足しのしやすさから固形の松脂を用いています。
固形か液状かの選択については、こちらでの議論などを見るに、楽器個体との相性もあるみたいです。

また、弦への塗布、特にモダンな奏法でトレモロのような逆回転を多用するために弦にしっかり綿を固着させたい場合などは liquid rosin の方がいいかもしれません。

入手についてですが、オンラインでの販売は見つけることができませんでした。
直接ビルダーや演奏家から入手することはできるかもしれませんが、もしくは自作ということになります。

Does anyone have any advice about locating liquid rosin? I cannot seem to find any info when doing online searches. Thanks. from HurdyGurdy


アルコールもしくはアセトンを使用する、とのことですが、アセトンは要注意であるとのご指摘をいただきました。
アルコールより、揮発性、引火性、毒性が高く、特にアセトンを使いたいという理由がなければ避けた方がよいとのこと。樹脂の種類によっては溶かしてしまい、目に見えて溶けていく樹脂もあれば、反応が遅くてしばらく経ってから柔らかくなってくる場合もあるので、樹脂ホイールにアセトンを使う場合は事前によく確認しておいたほうがいい、レジンを塗ってホイール表面が波打ったら修復は難しい、だそうです。
また上記ではイソプロピルアルコールを使用していますが、特に理由がなければ無水エタノールの方が安全かもしれません。

アセトンといえば Neil Brook が使用していますが、要注意であるとのコメントは以前にもなされておりました。

                               

ライブでハーディガーディスタンドの話になったので探しました。ギタースタンドは奥行きが足りないものも多いのですが、これは 22cmまで広がり、厚み 15cmほどのこの楽器がちょうど乗ります。多分 Aroma AGS-08 というものです。もっとも、ハーディガーディは個体差は大きいので、ご自分の楽器に合うかはご注意を。

hurdy gurdy stand

                               

弦のホイールと接する部分には緩衝材として綿を巻きつけ松脂で固着させます。綿の量や均一性によっておどろくほど音と弾きやすさが変わります。

ここの紹介どおり私はTexere Yarnsで入手しましたが、現在はなくなっているようです。これが似た感じかもしれません。

巻きつけ方としては、綿を平たくして弦をくるんでからホイールで圧着させる方法と、細長い綿をホイールと弦の間に差し込み斜めに巻き込んでいく方法とが確認されています。私は後者よりです。

                               

楽器ケースいろいろ(Facebook)

私が使用中なのは Probag です。現地購入時に一緒についてきたものです。背負えて便利。本体は右側が開くのにポケットのファスナーは左から開くのでものを落としそうになるのはちょっとした残念ポイント。