キーの戻りが悪いとき

                               

キーの戻りが悪いときはまずは鉛筆を塗る

キーの膨張や歪みではなくキーボックス全体が歪んで動きが悪くなることもあるので、場合によっては軽くヤスリ

左手のキー操作

                               

キーは、押し込むというよりもタイプする感じでやるとよさそう。

指先だけではなく、笛なんかと同様に指の腹を使う感じ。

ハーディーガーディーを入手する

                               

入手が最初の参入障壁となるハーディーガーディーですが、最近はインターネットの発達もあって割と容易に入手できるようになった気がします。ぱっと思いつく入手経路を列挙してみますと以下のようなものが挙げられます。

2018-05-20(2021-10-27 更新)   

bookmarks

                               

この項は定期的にメンテが必要

Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/ハーディ・ガーディ
Vielleux in Thailand: http://www.geocities.jp/vielleuxinthai/

The Hurdy Gurdy Weekly: https://paper.li/r_cherwink/1334097917#/

Gurdypedia: http://members.ziggo.nl/pe.howland/Gurdypedia/Home.html
Neil Brook: http://www.hurdy-gurdy.org.uk
Vielle à Roue: http://lerautal.free.fr/vielle/vielle-accueil.html

Drehleier-Musik: http://www.drehleier-musik.de/archive.php
WaterPigs: https://waterpigs.co.uk/music/
ABC Tunes in Neil Brook’s site: http://www.hurdy-gurdy.org.uk/hurdygurdy%20soc.html

ハーディガーディとは

                               

ハーディガーディ[Hurdy Gurdy]は、ハンドルを回すことにより円板の縁で弦をこすって音を出す擦弦楽器の一種です。鍵盤により弦を押さえることで音階が出せます。

鍵盤の付いていない弦も複数あり、途切れることなく一定の音程で鳴り続けます。この持続音(ドローン)が1つの特徴です。発音原理は全く異なりますが、バグパイプと類似した音構成システムとも言えます。

ハーディガーディという楽器があります。

                               

ハーディガーディという楽器があります。ハンドルを回すという特異な演奏スタイル。様々なギミックの付いた複雑な機構。鳴り続け世界を塗りつぶす持続音。中世のシンセサイザーなどというおどろおどろしい肩書き。情報化社会の21世紀になって、所有・演奏する方も結構多くなってきた印象はありますが、今でももの珍しく人目を引く楽器であることも確かでしょう。