the Hurdy-Gurdy Method

                               

 the Hurdy-Gurdy Method

いつのまにか Amazon.co.jp で扱っていました。

2020-05-06(2024-04-09 更新)   

曲集

                               

このところ楽譜の棚卸しをしていました。

ハンドルの握り

                               

手首は意図的に外側に曲げるようにしてハンドルを握るのがよさそう。
クゥの4拍目は金星丘がひっかかるというよりは、掌底を前に出すイメージ。

le Son Continu への行き方

                               

le Son Continu への行き方

日付はだいたいパリ祭のあたりの週末(木-日)
会場は Château d’Ars

le Son Continu

                               

フランスで毎年開催されるトラッド音楽のフェス le Son Continu に行ってきました。楽器製作家によるブースが多数見られるのもこのイベントの特色です。

楽器ケースいろいろ

                               

楽器ケースいろいろ(Facebook)

私が使用中なのは Probag です。現地購入時に一緒についてきたものです。背負えて便利。本体は右側が開くのにポケットのファスナーは左から開くのでものを落としそうになるのはちょっとした残念ポイント。

[各部の名称] 鍵盤

                               

鍵盤でメロディ弦を押さえることによって音の高さを変えて演奏します。押し上げることにより弦に触れ、指を離すと自重でもとに戻ります。

[各部の名称] 犬

                               

うなり駒の付いたがあります。足元が浮くようになっており、速くホイールを回すとジリジリとしたうなり音が出ます。演奏中に瞬間的にハンドルの把手を握った拳の中で叩くことで、パーカッシブにリズム音を出すことができます。

[各部の名称] 糸巻

                               

テーパのかかった大きな木ペグのものが古くからの形状ですが、歯車式のメカニカルヘッドを使った楽器も多く見られます。弦の数により配置はまちまちです。

[各部の名称] 綿

                               

弦のホイールと接する部分には緩衝材として綿を巻きつけ松脂で固着させます。綿の量や均一性によっておどろくほど音と弾きやすさが変わります。

[各部の名称] 松脂

                               

弓奏楽器の弓に塗るのと同様に、ホイールの縁に松脂を塗ります。バイオリンやチェロ用の一般的な松脂を使っています。また、弦に綿を付着させるのにも使用します。

[各部の名称] ハンドル

                               

ハンドルを右手でつかみ、前方向に回転させることでホイールを回して音を出します。楽器の種類によっては固定されているものもありますが、Vielleの場合はネジ式で容易に着脱できます。

[各部の名称] 共鳴弦

                               

残響音を得るためにボディ上に数本の金属弦が張ってある機種があります。直接は演奏しません。(特殊効果としてかき鳴らしたりすることはあります)
私は共鳴弦付きの楽器を使用したことがないため、具体的なことはあまり知りません。

こんなの

[各部の名称] 弦

                               

ホイールが擦って音を出す弦には大別して3種類があります。各弦は、ホイールに接する/しないを切り替えられるようになっています。常にすべての弦が演奏されるわけではなく、調や曲想により使用する弦の組み合わせを選択できます。

楽器の名称について

                               

英語で Hurdy Gurdy と称されるこの楽器ですが、各言語、地域によって様々な呼び名があります。例えば一口に横笛と言っても様々な種類があるのと同様に、ホイールを回し鍵盤で操作するこの形状の楽器も各地ごとに種々のスタイルがあったのだろうと想像しています。

サイト内容について

                               

当初はもっと包括的に楽器の説明をしていくサイトを構想していたものですが、書きたい項目は数多くあるのですが体系的に書こうとすると全く筆がすすまないことに気づいたため、断片的な内容を積み重ねていくことにします。なかには一般的ではない個人的な(特定の楽器や演奏スタイルでしか通じない)内容もありますが、参考程度にとらえてください。

基本的には、vielle à roue をベースとしたモダンな機体を対象にします。

2018-12-04(2018-12-05 更新)